食事時間に必須

微笑む老人と女性

食事介助に必要なエプロン

病気や障害によって、食事摂取がスムーズにいかない方がいます。介護によって食事を手伝ってもらう場合や、頑張って自己摂取する方も、エプロンの着用をお勧めします。どんなに気を付けていても、食事の内容によってはこぼしてしまう事があります。お粥やお肉、お魚などはスプーンやフォークを使えば食べやすいでしょう。しかし、調理の内容によってはこぼれ易く、エプロンを着用しない事で衣類の洗濯が大変な場合も考えられます。介護は普段からが大変なので、そういったところで少しでも負担が軽減できるように工夫する必要があります。エプロンを着用する自体、大変ではないので面倒くさがらず、毎食ごとの着用をお勧めします。毎回、洗うのが大変であれば、大量に購入しましょう。

気持ちよく介護するために必要な心構え

食事摂取に介護が必要な方となると、嚥下障害を患っている可能性があります。病気や障害により、食事を飲み込む機能が低下し、むせ込みやすくなっています。その為、エプロンを利用する場合は、着用する上で息苦しさがないか確認する必要があります。首元にこぼれた物が滲まないよう、しっかりと締めてしまう方がいますが、逆に食事の飲み込みを妨げる要因にもなるので注意してください。また、あまり汚れていないからといって、何回も同じエプロンを使いまわしては衛生的ではありません。食事は口から入るものですので、不衛生による感染症の可能性が考えられます。適宜に新しいものと交換するか、毎回綺麗に洗ってください。日々、大変な介護をされている方は多いですが、ちょっと工夫するだけで気持ちの良い介護が提供できます。