機能性の高い車両

医者と看護婦

福祉車両は、身体に障害のある人でも運転できるように作られた車両や、要介護者が車いすなどのまま乗車できるように作られた車両のことを言います。 福祉車両については、各自動車メーカーで様々なタイプの車両が作られていますが、金額は車種や排気量などによってそれぞれ異なります。 しかし、個人や事業所で福祉車両を購入する場合には、各自治体などによっては助成金や貸付制度などが設けられていて、条件を満たせば誰でも利用できるようになっています。 また、心身に障害のある人が運転免許の取得を目指す際にも、教習所にかかる費用が助成されたり、授業料を貸付できる制度がありますし、福祉車両を購入する場合は税金の優遇措置が受けられます。

以前は道路交通法によって、精神病や知的障害、視覚障害者など、障害の種類や度合いによっては免許を与えないこととされていて、免許取得後にこれらの条件に該当した場合には免許が取り消されることになっていました。 しかし、現在では法律が改正され、知的障害や身体的な障害がある人でも試験に合格すれば免許の取得が可能となっています。また、喋ることが出来ない人に対しても免許の取得が可能になりました。 さらに、障害のある人が安全に運転できるように「身体障害者マーク」が出来て、初心者マークのように車体に表示出来るようになっています。これによって、近くを走っている運転者は、幅寄せや割り込みなどが原則的に禁止となっています。