注目の高まるグッズ

下を向く老人

お体が不自由な方でも安心安全に乗り降りできる車椅子用電動昇降機を設置するならコチラへおまかせください!介護保険適用可です!

介護現場の事務作業を効率化することができます。国保連中央介護伝送ソフトを導入して、事務の負担を軽減しませんか?

快適に介護ができる

介護業界の重要性が高まっているのと同時に注目されているのが介護グッズで、介護にまつわるサービスや商品も日々開発が進んでいます。古くからある商品である車椅子を利用する人の為に作られたのが車椅子用電動昇降機で、これを利用することによって、車椅子介護者も楽に移動をすることができ、同時に介護士の負担も減らすことが可能です。車椅子用電動昇降機は、長い段差などに利用されることが多いですが、福祉車両などにも小型のものが取り付けられていることが多くあります。福祉車両に取り付けることによって、車椅子から乗り降りすることなく車への乗車が可能になっているので、車移動の際に介護に有する時間も少なくて済むようになっています。他にも介護専用のエプロンやユニフォームなどは機能性だけでなく、カラーやデザインにもこだわって作られているものが増えてきています。

介護におけるシステム

近年介護に対する考え方や取り組みが多く行われるようになっており、介護業界は国と密接にやりとりをする必要があります。特に介護給付金などの制度によって、国の機関に書類を提出するのが義務化されており、介護しは介護だけでなく事務業も行う必要がでてきています。こうした事務を簡単におこなってくれるシステムも開発されており、提出書類をデータ化することによって、簡単に伝送できるようになっています。こうしたシステム開発を行う会社もかなり増えてきているので、介護士不足となる現代でも、介護士を助ける役割を持つシステムやグッズは多く販売されていくことが予想されます。

ネット回線を利用

車椅子を押す女性

介護保険制度が確立されたことによって、介護施設では報酬を請求しなくてはいけなくなりました。そのため、ネットの回線を使って、伝送システムを利用する必要があるのです。

食事時間に必須

微笑む老人と女性

介護をしていると、要介護者が食事をすることをサポートする機会があります。その時にはエプロンを着用すると気持ちよく介護を進めることができます。エプロンを選ぶ時のポイントを紹介します。

機能性の高い車両

医者と看護婦

介護現場で利用される福祉車両では、身体に障害がある人でも利用することができます。最近では身体障害者マークを利用して車両に表示することによって、安全で快適な走行をすることができます。

選び方や購入方法

老人と付き添いの女性

介護現場で利用するユニフォームも様々な種類がありますが、介護される側に安心感を与えるカラーや介護における機能性を重要視して選ぶことがポイントです。今では店舗だけでなく通販でも購入できます。